「どこよりも安く・どこよりも安心・どこよりも丁寧」をモットーに、快適な暮らしのお手伝い。

企画・販売・再生物件

競売落札代行

競売に関する最新物件情報の提供、資金計画(登記費用・税金・内装リフォーム・占有者立ち退き費用・強制執行費用)、入札価格の算出、物件明細や現況調査等、代行致します。

融資をご利用の場合も当社へご相談下さい。当社の報酬は「物件明細取得・現況調査のみの場合」一律3万円(TAX別途)。入札の場合は落札できた場合に限り、代行手数料として落札価格の6%(TAX別途)を申し受けます。

※但し、手数料額が15万円に満たない場合、一律15万円(TAX別途)とさせていただきます。

代行業務

  • 競売物件落札に関わる手続きの代行(資料等の取得)
  • 物件調査
  • 所有権移転費用(登記費用)、不動産取得税、その他落札に関わる諸経費の算出
  • 入札価格の試算、アドバイス
  • 入札手続き、残金納付手続き代行
  • 所有権移転登記に関わる手続き代行
  • 物件に占有者がいる場合の交渉、また残置物がある場合の手続き
  • 引渡命令、強制執行の手続き代行
  • その他

競売物件取得の流れ

1.競売物件の広告を見る

まず条件に合う希望の物件を探して下さい。裁判所にて掲示しているほか、日曜朝刊の道新にも掲載されています。

2.物件資料(明細)の閲覧

裁判所にて閲覧できます。現況調査報告書、その他詳しく調査いたします。

3.入札

条件に合う物件が決まりましたら入札価格を決め、入札を行います。入札には最低売却価格の20%の保証金(現金)が必要となります。

4.改札

この時点で落札できるかが決まります。落札できなかった場合、当然保証金は戻ります。

5.売却許可決定

一番高い金額の入札者に売却許可がおります。

6.代金納付

落札価格より入札時納付した保証金を差し引いた残金を納付します。(裁判所より期日が指定されますので、忘れずにその期日までに納めます。)所有権移転費用もかかります。

7.所有権移転登記

裁判所にて移転登記をおこないます。

8.物件引渡

占有者等がいる場合、引渡命令、強制執行の手続きなど必要になります。

ご注意

※占有者の立ち退きに対し費用が必要となる場合がございます。

※裁判所への明け渡しを申し立てるとき(引渡命令・強制執行手続き)郵便切手代、予納金等がかかります。

※残置物がある場合、量に応じて運送費用・保管費用等予納する必要があります。

※立ち退き交渉にはある程度の期間が必要となります。

COUNT : 22269